FC2ブログ
人妻もの中心の体験談や動画・エロゲ・サイトの紹介や、日常に感じたエロいことなど。

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
官能文書わーるど連載中の「淫乱人妻です」28歳人妻めぐみさんの告白をめぐみさんの彼氏のご厚意により、こちらでも紹介させていただくことになりました。
人妻めぐみさんが不倫相手にどのような調教をされたのか、告白お楽しみください。

「淫乱人妻です」第一回

 不倫相手の彼と関係をもって1年が経ちます。
 最初はノーマルなセックスでしたが私のM性を見抜かれたのか、すぐにバイブや緊縛、アナルセックス、3Pに輪姦、露出と様々なことをされました。これから彼の命令で今までされた事をこちらに色々告白します。

 まずは彼と出会って半年くらい経った時のことを書きます。
 その日は待ち合わせ場所までミニスカートと薄いブラウスにノーブラで来るように言われ電車の中で周りに気付かれないかドキドキしながら向かいました。

 駅に着くと彼が一人で待っていたので「今日は露出した後ホテルかな?」とその時は思っていました。今にして思えば彼の命令に素直に従うようになって少し慣れてきたのを見透かされていたのかもしれません。
 駅からしばらく歩くとアダルトショップがある雑居ビルに着きました。エレベーターに乗るとパンティーを片足だけ脱いで足首のところまで下すように言われました。店内に入ると他のお客さんはいませんでしたが、店員にノーブラでパンティーが足首に絡まっているのを気付かれていると思うとすごく恥ずかしかったです。
 店内に入ってすぐに彼はレジにいるその店員にリモコンローターが欲しいと言って店員が何種類か持ってくるとその中から一つを選び、店員に「コレをください。今すぐ使うので、この女に付けてやってくれませんか」と言いました。
 そして私にスカートをたくし上げるように命令しました。店員が彼の命令でパイパンにしている私のオマンコを見てニヤニヤしながら了承するとリモコンローターをクリトリスに当たるように付けてパンティーをはかしてくれました。
 彼にローターのスイッチを入れられ少し離れた場所で耐えていると店員と何か話しながら会計をしていた彼に呼ばれました。そして「ローターを付けてもらったお礼を跪いて頭をさげて言いなさい」と言われました。
 レジの中に入り私が床に土下座して「めぐみのオマンコにローターを付けていただきありがとうございました」と言って頭を上げるとエプロンをまくって勃起した店員のチンポが目の前にありました。私は振り返って彼の顔を見ると彼は無言で私をジッと見つめました。

 何をするか理解した私はそのチンポを口に含みました。他のお客さんが来るのではと心配でしたが、暫くして髪をつかまれ激しく動かされた後にその店員は私の口に射精しました。店をでるときに気付いたのですがいつの間にかドアに吊るしていた札が「準備中」になっていました。

 外に出てローターの振動に耐えながら彼の後を付いていくと今度は駅の反対側にあるポルノ映画館に連れて行かれました。
 階段を降り中に入ると女の私はチケットを回収するおじさんにジロッと見られました。館内に入ると彼に手を引かれ一番最後尾の立ち見の場所に連れて行かれました。そこは何故か一段低くなっていて背の小さい私には頭が出るくらいでスクリーンを見るのがやっとでした。
 辺りを見るとお客さんはまばらで空席がたくさんありましたが一人だけ立ち見をしている人がいました。
 ローターの振動が止まると同時に彼が最後尾の座席と立ち見場所を仕切る鉄パイプに縄手錠で私の両手を拘束してスカートとローター、パンティーを脱がされてしまいました。
 こんな場所で恥ずかしいと下を向いてしまった私にスクリーンを見てろと命令され彼が私の横に立つと先ほどの立ち見の客が近づいてきてました。少し怖かったのですが、よく見ると以前に彼と3PをしたことがあるAさんでした。
 二人は私の左右の足に自分の足を絡めて私を大股開きにすると私の胸やオマンコを弄りはじめました。スクリーンに顔を向けたままで私のオマンコから周りに聞こえてしまうのではというくらいのクチュクチュという音に恥ずかしさと声が出ないように耐えて立っていると絡めていた足を解かれ、そして彼が私の腰を掴むとそのまま一気に立ちバックで挿入されました。
「こんな所で犯されている」そう思うとものすごく興奮して声が出てしまいました。
 彼が射精し終わるとすぐにAさんが挿入してきました。そしてAさんが射精し終わると私は力が抜けて膝をついてしまいました。
 周りを見るといつのまにか他のお客さんが集まっていました。
 彼が集まった人たちに何かを話していました。そして私の方を向きニヤッと笑ったと思うと周りにいた人たちが一斉に私を取り囲みたくさんの手が触ってきました。
「やだっ」と行ったのですが両手を拘束されているので抵抗できず再び立たされて乳首を摘まれオマンコに指を入れられ、口やアナルにまで指を入れられました。

 どれくらい経ったかわかりませんが体に力が入らなくなってきたところでやっと拘束を解かれてブラウスとパンティーを履かせてもらい解放してもらいました。しかしスカートは履かせてもらえず再びローターを入れられ出口まで彼とAさんに両脇を支えられながら「ね~ちゃん、よかったぞ」の声とロビーにいる人達に視姦されながら映画館をでたところでようやくスカートを履かせてくれました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://htumasuki.blog46.fc2.com/tb.php/36-98a2dfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。